HOME > 家族葬

家族葬

このような方々に家族葬は求められています

「あまり費用をかけずに、こぢんまりとお葬式をしたい」

「医療費の出費がとても多く、葬儀費用にかけるお金まで準備ができません・・・」

「故人と家族だけで、落ち着いた場所でお葬式はしたい」

「華美で高額な葬儀は考えていません、少人数でしっかりと故人と向き合え、故人を偲べるお葬式にしたい」

「自宅はアパートでお葬式ができません・・・家族と身内だけの数内人数でも利用のできる場所をお借りしてお葬式をしたいのです」

「お葬式に家族以外の人は呼びたくありません、家族と親しい知人のみで気兼ねなくお葬式をしたい」

「親戚もいないので、家族だけでお葬式をしたい」

「義理や付き合いのお葬式にはしたくない」




どのような葬儀を密葬・家族葬と呼ぶのか

その定義とは故人の身内以外には連絡をしない。

つまり外部の方に対する告別式は営まない葬儀となります。

 

「ひっそりと(密)営む葬送の儀」です。難しい決まりはないのですが、とにかく外部に知らせすぎたら密葬ではなく普通の葬儀になってしまいます。そのほかにも仕事上の事情・取引先等の関係等で亡くなったことを外部に連絡しないわけにもいかず、多数の会葬者が来られて密葬を希望しても密葬に出来ない方も多いようです。

 

家族葬の特徴

家族葬は、業者が執り行うものに比べて費用がかからない、という利点もありますし、親しかった者同士、より親密で心温まる雰囲気で葬儀を執り行うことができるという点も大きなポイントです。

家族葬では、派手な葬儀がいやな故人が生前に家族葬を指示するということもよくあることです。
家族葬でない通常の葬儀では業者や弔問客を相手にするのに精一杯で遺族はなかなか故人を偲んでいる暇がないものです。葬儀が終わって落ち着いて後改めて実感する、なんてこともあります。家族葬はそんなこともなく、葬儀を執り行いながらゆっくりと故人を偲ぶことができるのです。

家族葬は、親しい人たちだけで集まるのですから、あまり形式やマナーにこだわらなくてもいい、という印象がありますが、それでも最低限の家族葬マナーというものは存在します。



家族葬の参列

家族葬マナーとしては、まず参列する人の範囲に気をつける必要があります。
あとで「なんでわたしを呼んでくれなかったんだ」といったクレームがこないよう、しっかり配慮する必要があります。家族葬は、挨拶状などもどこまで出すのか、きっちり確認します。
参列者の範囲は執り行う人数で決めます。

10人程度のごく少ない規模で行う場合は家族のみ。二親等くらいの範囲で参列します。
もう少し規模を大きく、30人程度の場合は親族は三親等くらいの範囲、それに加え故人が生前親しくしていた友人を参列します。
50人程度であれば家族・親族すべて。故人の友人に遺族の友人なども参列の範囲に加えます。
もちろん、これは厳密に定められたものではなく、家族葬は、故人の人間関係などを重視して決められます。


家族葬と香典

家族葬マナーとして忘れてはならないのは一般葬儀との違いです。
家族葬を行う場合、一般葬儀との違いはいくつかあります。
会葬されない方にも、失礼のないようにお知らせをして、弔問・供花・香典などの辞退をします。
それでも、葬儀後に、参列できなかった方々から、「なんで参列者を呼ばなかったのか」と文句を言われたり、後になって亡くなったことを知った知人たちが、 毎週末のように自宅にお参りに来て、家族がその対応に疲れてしまう、ということもありますので、よく相談して行いましょう。

ほかにも会葬礼状を作らなかったり、通夜供養・葬儀供養を行わないこともあります。
場合によっては霊柩車も使わず、寝台車を使用することもあります。葬儀を知らせる看板を立てないことも多いです。
家族葬は、シンプルで、親密な葬儀を行うことができます。しかし、なんでも簡略化すればいいというわけでもありません。故人に対して、弔問客に対して失礼のないよう、最低限の家族葬マナーは身に着けておきたいものです。