HOMEよくあるご質問葬儀について >棺に、故人の愛用していたものを入れることはできますか?

棺に、故人の愛用していたものを入れることはできますか?

もちろんお納め頂けます。

ただし、公害の発生源となるものや、火葬炉の故障原因となるものなど、一部お納めできないものもございます。火葬場では、ご遠慮頂きたいものとして以下のようなガイドラインを定めています。


◆公害(CO2・ダイオキシン・煙・煤塵・臭気)の発生源となるもの
・ビニール製品(ハンドバック・靴・玩具など)
・化学合成繊維製品 (衣類・寝具・敷物など)
・発泡スチロール製品(枕・緩衝材パッキンなど)
・その他(CD・MD・ゴルフボールなど)


◆可燃物であっても燃焼の妨げとなる燃えにくいもの
・果物(西瓜・メロンなど大きな果物)
・書籍(辞書・アルバムなど厚みのある書籍類)
・大型繊維製品(衣類の納め過ぎ、大きなぬいぐるみなど)


◆火葬炉設備の故障原因となるもの

・カーボン製品(杖・釣り竿・ゴルフクラブ・ラケット・竹刀など)


◆ご遺骨損傷の原因となるもの
・金属製品(携帯電話・携帯音楽プレイヤー・仏像など)
・ガラス製品(酒瓶・鏡・食器類など)
・爆発物(缶飲料・化粧品スプレー・ライター・電池類など)
※ペースメーカーを装着の場合は前もって必ずご連絡ください。


以上をご理解、ご協力頂いたうえで、故人様のかたわらにご愛用の品をお納めいただければと存じます。