HOME > 一般葬

一般葬

一般葬とは

故人の生前のおつきあいが広かった方などのお葬儀で多くのご会葬の方で送る、一般的な葬儀の形です。

 

会葬者の人数に応じて、式場の手配・返礼品・お料理の発注等を行います。
また、祭壇・施設の設営等、葬儀の準備や手続きを行います。

 

 

一般葬儀には、中型のものと大型のものがあります。
中型の葬儀の場合、近親者に限らずご友人やご近所、会社関係の方々などご会葬いただく葬儀のことです。 最近ではどんどん葬儀のスタイルが簡略化していますが、中型葬ならばお世話になった方々にしっかりとお別れをしていただくことができますので、人とのつな がりを大切にされている方には特にお勧めです。親族以外の方をお招きすることで、ご家族も知らなかったような故人の生前のエピソードなどをお聞きできる可能性もあります。

 

大型葬は、中型葬よりも大勢の方にご会葬いただき執り行うお葬式となります。
大型葬の場合、一般的なお葬式とは異なるノウハウが必要とされますので、葬儀社との事前の打ち合わせをしっかりとしておきましょう。特に多くの方が参列しますので、訃報の連絡や当日のおもてなしなど、段取りをしっかりと行う必要があります。

 

一般葬は、どの範囲以上の人にお知らせしたから、何人以上だから一般葬という定義があるわけではありません。



一般葬について

メリット

・ご縁のあったかたたちにそのかたが亡くなったことを周知し、お世話になった方々に最後のお別れをしていただくことができます。

・昔のご友人や疎遠だった人と再会したり、縁ある人たちが集まり、故人を共に偲ぶことで、新たなご縁や継承の機会が生まれることもあります。

 

デメリット

・ お世話になったかたたちや会社関係のかたなどがお集まりになる場合には、ご家族がお気遣いをなさるケースも見られます。

・参列者のかたへのご挨拶やお礼など慌しく時が過ぎ、ゆっくりとお別れの時間をとりづらかったという声も聞かれます。

 

 

葬儀で一番大切なこと

ご会葬者の人数の把握です。

ご家族の趣旨を大事にして来て頂く参列者に対し、大変な時だからこそ葬儀を行うにあたっては、まずご会葬者の人数を大雑把にでも予測しなければなりません。
なぜ、人数の把握が一番大事なのかといえば、ご会葬者の人数に応じて、式場の手配だけでなく、返礼品やお料理の発注などを行うからです。

ただし、ご会葬者の数は、通常、ご家族であってもなかなか把握できないのが現状となります。
しかし、可能なかぎり事前に、おおよそでかまいませんので何人くらい集まるかを 予想しておくことで、失敗を未然に防ぎ、後悔のないお葬式をあげることができます。