HOME > 会館・自宅・寺院

会館・自宅・寺院

自宅葬

自宅葬とは、葬儀式場を利用せず、ご自宅の1室を利用して葬儀を行うことです。

葬儀会社のホールなどで葬式を行うことが増えていますが、地域や家庭によっては、自宅で葬儀をおこなうこともまだまだあります。

 

自宅葬と言っても、いろいろなかたちがございます。

・ご自宅でお飾りをして、ご家族で偲ばれ、読経をいただきご出棺なさったケース
・入院が長くずっと「家に帰りたい」と仰っておられたそのかたを、病院からご自宅にお連れして、数名のご近所さんにも来ていただき、ご葬儀をされたケース
・ご高齢で、ごくお身内だけでのお見送りなので式場を借りたりするのは不要とご自宅から見送られたケース


 

自宅葬のメリット

・ご自分のお宅ですので、気遣いが不要
・使用料が不要
・深夜、早朝などでも病院からの搬送の時間が自由

 

自宅葬のデメリット

・家具などを動かす労力がかかることがある
・ご家族だけで執り行いたいとご希望される場合でも、近隣の方に知られてしまい、会葬に来られることがある
・駐車場などの設備がないので、お車で来られる方が多い場合には不便

寺院葬

寺院葬は、通夜・葬儀・葬式・家族葬を民間の葬祭ホールで行うのではなく、既存の寺院で執り行う葬儀・葬式の形です。

・祭壇は、寺院等により飾付不要の場合があります。
・寺院等により、会場使用料がかかる場合があります。
・寺院葬の費用は、自宅葬および付帯品の料金に加算となる場合があります。

寺院葬のメリット

・寺院・教会に隣接していることが多く、葬儀や法要の際に便利。
・日々の管理や、供養面で安心できる。

寺院葬のデメリット

・檀家であるか、宗派が同じでなければならない。
・人口が集中している地域では空きが少ないことから、競争率が激しい。

会館葬

 

会館葬のメリット

 

・季節・天候に左右されません

・「家族葬」から「一般葬」まで対応可能

・御当家様専用の親族控室をご用意

・組内、講中の方の負担軽減

・駐車場の完備

 

 

会館葬のデメリット

 

・ご自宅から少し離れたところでお葬儀を行う

・会館使用料がかかる

・時間に制限がある