HOME > 葬儀後の手続きについて

葬儀後の手続きについて

ご返礼

返礼品とは、通夜や告別式に弔問に訪れたかたに、お礼の気持ちとして、礼状とともに渡す品物です。次の3つに大別されます。


◆通夜供養(通夜返し)


通夜・弔問の際、受付所で記帳していただき通夜返礼品を渡します。


◆会葬御礼品

香典を辞退された場合、当日お渡しする粗供養。


◆香典返し

香典をもらった人にお礼として渡す返礼品。
 


「即日返し」と「忌明け返し」

葬儀の当日に渡す即日返しと、忌明け(四十九日)に郵送する忌明け返しがあります。


▼即日返しが増えてきています。



今では、通夜と告別式に同じ返礼品(500円〜1000円)を弔問に訪れた方全員に、会葬礼状とともに渡し、香典を頂いた方には忌明けに発送することが多くなってきています。

また、忌明けの煩雑さや渡し損ねを防ぐために、葬儀の当日に、香典の額に関わらず、2500円〜3000円の品物を返す即日返しが全国的にも増えてきています。

改めて三五日あるいは四九日の忌明けを待って、返礼する忌明け返しの場合は、半返し(香典の額の半分、二分返しともいう)、三分返し(三分の一の金額の商品を返す)が一般的です。


 

各種手続き


葬儀後、国民健康保険等の「受給のための手続き」、住民票等の「名義変更の手続き」、相続税などの「相続の手続き」があります。


受給のための手続き

受給のための手続き


▼その他に気をつけないといけないこと。



故人が、JAの「JA共済」、各生命保険会社の「生命保険」、郵便局の「簡易保険」、勤務先などで一括加入している「団体生命保険」などの保険に加入されていないか、証書や領収証を確認しましょう。


 

名義変更の手続き

名義変更の手続き


▼その他に気をつけないといけないこと。



貸付金・借入金があれば権利移転の通知手続き、賃貸等の諸契約があればその確認と名義変更、営業許可・事業免許があれば名義変更を行います。
また各種の名義抹消手続きを行います。


 

相続の手続き

相続の手続き


▼その他に気をつけないといけないこと。



法律の知識が必要な場合は弁護士、不動産に関しては司法書士、相続税に関しては税理士、と専門家に相談するとよいでしょう。知識のサポートに加え、第三者の冷静な判断が得られます。


 

法要


法要故人の冥福を祈り、供養(追善供養)する行事を法要といい、厳密にいえば法事と法要は異なりますが、現在ではほぼ同じ意味で使われています。

法要


お墓の手配

 

お気軽にお電話にてご相談ください。
24時間・365日ご対応します。

お問い合わせ